性病はオーラルセックスでも感染する?1回の行為でも感染する?|淋病編

性病検査で陽性だった場合、
「たった1回の行為でも感染するんですね…?」
「本番はしていません、口(オーラルセックス)だけでも感染するんですか?」
とご相談を受けることがあります。

今回は、淋病という性病を例に、性感染症の感染経路や感染確率、治療法等について、お伝えします。

目次

1回の性交で淋病(淋菌感染症)に感染するの?
無症状で感染している場合がある?
淋病(淋菌感染症)の感染経路
淋病の症状って?男性は?女性は?性器以外にも?
淋病の検査方法って?
自然治癒はしない、放置すると重症化する場合も
さいごに
– 予約・受診について相談
– オンライン診療・郵送検査

1回の性交で淋病(淋菌感染症)に感染するの?

挿絵

「たった1回の行為でも感染しますか?」
答えは、YESです。
感染の確率は、性病の種類によります。

例えば淋菌。
相手が感染していた場合、1回の行為で感染する確率は、30~50%程度。・・・おそるべし感染率ですね。

無症状で感染している場合がある?

挿絵
無症状でも、感染している場合もあります。
淋菌は、特に女性に無症状という場合が多い傾向です。

この無症状というのが厄介で、
無症状で感染に気付かないまま行為を行い、パートナーに感染させてしまった。ということになりかねません。

また、
「本番行為はしてないから、大丈夫!」
という場合も、
「咽頭(喉)に感染していました」
ということもあります。これは、フェラチオやクンニ等で、性器→喉に感染したパターンです。

淋病(淋菌感染症)の感染経路

挿絵
淋病の感染経路の例として、下記のようなことも珍しくありません。

オーラルセックス(フェラチオやクンニ)でも、性感染症には注意が必要です。相手の男性が、何らかの性感染症(クラミジア・ヘルペス・カンジタなど)にかかっている場合、オーラルセックスを行うことで自分にも感染が起こる場合があります。

また、カンジダ症という真菌の感染症に相手の男性が感染していると、喉にカンジダ菌が感染し、喉の感染症を発症してしまうケースもあります。

三越屋 海外薬品の輸入のお手伝い致します。

ペニスを口に含むことで、ペニスに付着していた尿成分から、雑菌が繁殖してこれも感染症につながるケースもあります。相手の男性に性感染症やカンジダ症がないか、ペニスは清潔かどうかがとても重要です。また、衛生面からも出来るだけシャワーを浴びてから行うようにしましょう。

自分が感染していることに気付かないままに、更に別の性交渉相手にオーラルセックスを介して性器に感染させてしまうこともあります。もし、感染症が疑われる場合は、性感染症は女性は産婦人科で診察されているので病院でしっかり診てもらいましょう。

予防方法として、口やのどの粘膜からの感染を防ぐには、オーラルセックスの時にもコンドームを使用することをおすすめします。フレーバー付きのコンドームなども出ているので、ゴム臭が苦手な方にはそちらをおすすめします。また、ラブコスメではラブシロップやメイクラブリップなどのオーラルを楽しむためのアイテムもあります。

1人から他2人に感染が広がった例

●女性(のどに感染していて無症状)
↓フェラチオ
★男性(性器に感染してしまい症状が出る前に別の方と行為)
↓フェラチオ・性行為
◆別の女性(のど・性器に感染してしまった)

このように、本人は無症状で自覚がなくても、複数人に、そして感染部位も拡大していく可能性があります。
感染力の高さに、ぞっとしますね・・・。

例えば『処女なら性感染症にかからない?』という事はなくセックスを介さずに感染する可能性があります。セックスの経験がなくても、フェラやクンニでも性感染症(性病)にかかるリスクがあります。

淋病の症状って?男性は?女性は?性器以外にも?

挿絵

淋菌感染症(淋病)は、淋菌という菌に感染することでうつる病気です。菌自体は弱いものの、性器以外に口や喉にも感染するおそれがあり、やっかいな病気といえます。

淋菌感染症のおもな症状は、炎症です。男性の場合は尿道炎に、女性の場合は子宮頸管炎や、ひどくなると腹膜炎を発症するケースもあります。ただし、中には目立った症状が出ないこともあるそうで、なかなか一筋縄ではいかないようです。

淋菌は、男性と女性によって症状が異なります。
※下記に示す一部の症状のみ出る場合もあります。

◆男性の場合

・無症状
・尿道から黄色い膿が出る。パンツがびちょびちょに汚れる。
・尿道のかゆみと灼熱感
・排尿の度に痛み
・副睾丸が腫れる

◆女性の場合

・無症状(約8割が気付かない)
・おりものが増える、緑黄色になる
・性交痛、下腹部の痛み不正出血
・外陰部の腫れや痒み
・頻尿や排尿痛

また、性器以外に感染することもあります。

◆喉に感染した場合

・喉の痛み、腫れ
・発熱

◆肛門に感染した場合

・かゆみ、痛み
・出血
・腹痛、下痢

◆目に感染した場合

・まぶたの腫れ、白目がゼリーのように腫れる
・目から膿が出る
・充血

淋病の検査方法って?

挿絵
淋菌の検査方法は、通常検査と即日検査があります。
通常検査では結果確認までに3日程、即日検査は検査後20分程で結果が出ます。
検体のとり方は、どちらも同じです。

◆女性の場合の検査方法

淋菌は、性器/喉/肛門、それぞれの部位別に検査可能です。
※当院は、ご自身で検体の採取をしていただきますので、ご希望がない限り、陰部の診察は不要です。

●喉(咽頭)検査方法

お手洗いでうがいし、その液(うがい液)を提出します。

●性器検査方法(女性)

トイレにて、膣ぬぐい(綿棒を膣の中に入れて優しく回す)で分泌液を採取し、提出します。
挿絵

●性器検査肛門

トイレにて、肛門ぬぐい(綿棒を肛門の中に入れて優しく回す)で分泌液を採取し、提出します。

即日検査の場合、その場で陽性であれば、即日治療が可能です。

淋菌の治療は、当院では1回の点滴で行います。
治療効果が高い方法ではありますが、近年では薬が効かない耐性菌もあることから、治療から2週間後に治癒確認検査をしていただくことを推奨しています。

※当店のアジーならばまとめて購入でディスカウントがあります。

自然治癒はしない、放置すると重症化する場合も

コンドームの使用をしてたからといって油断しないように!

挿絵
性病は、早期発見・早期治療することが大切です。
というのも、自然に治ることはなく、無症状であっても放置すると症状が悪化することがあるためです。
症状が進行すると、男性では精巣上体炎(陰嚢が腫れる)を引き起こし、女性では卵管炎、腹膜炎(卵・胚の輸送能障害につながり、結果的に子宮外妊娠や卵管性不妊の原因になることも)、妊娠中だと流産や、早産、破水の原因になることがあります。

▶性病治療予防薬はこちら

繰り返しになりますが、淋菌は無症状が多い性病です。感染前の性病薬と再発予防の定期服用もおススメ
▶まとめて購入の割引あります。[割引メニューあり]

さいごに

挿絵

三越屋 海外薬品の輸入のお手伝い致します。